親父も祖父も「アカン」やつ。

父親も祖父も頭頂部が「アカン」やつだったので、子供の頃から覚悟はしていた。小中高と野球をしていたので、坊主が強制されることから、いまいち劣等感など感じずに学生時代を過ごすことができたが、もしも髪を伸ばせる日が来るのなら、、、と心待ちにしながら、せっせと父親が使っているちょっと高そうなスースーするシャンプーを中学の頃から塗りたくっていた。大学に進学することになり、ちょっと都会の大学だったので、まわりのオシャレな人たちの影響からかモードな黒っぽい格好に身を包み、髪を伸ばしてウロウロしてきたこともある。ただパーマは髪を痛めると聞いていたので、まわりが水嶋ヒロの影響をもろに受けて、それらしいパーマをあてるなかにあって、頑なに地毛で押し通していた。幸か不幸か薄毛家系の私は、髪が人より細いので、さらさらストレートは決まっていたと当時を回想する。社会人になるとさすがに髪を切らねばならず、これでもか!というくらいに記念撮影をして、断髪式に臨んだ。今、生え際が気になって仕方ない。記念写真を撮るといわれても急には対応できないのが悲しいところである。M字はげ治療は病院で!

悩み。そして決意表明

最近ひとり悩んでいることがあるんだ。

それは、、、「抜け毛」

まったく気にもかけてなかったし、心配もしてなかった。

それがここ最近気になって仕方ない。

最初に気づいたのは枕についている抜け毛。

朝起きると今まで見たこともないぐらいの抜け毛が枕についている。

「えっ?」って一瞬で目が覚めたね。

低血圧だから頭が起きるまでに時間がかかるのに、

その日は一瞬で目が覚めた。

そしてドレッサーの鏡までダッシュ。

めちゃくちゃ頭をチェックした。

すると、真っ白な洗面台に髪の毛が。。。

何かの病気を疑うぐらい不安になった。

その日はそのままテンション低いまま出社し、

帰宅途中にリアップ買ったよ。

リアップって高いんだよ。

関係ない代物だと思ってたけど、いざ薬局へいくと

8000円もするんだよ。

痛い出費だとも思わなかった自分が凄いわ!

それから毎日使うようにしてる。

1日2回がベストらしいけど、会社では使えないしね。

普段は1回、休みの日だけ2回してる。

まだまだハゲと呼ばれるほどではないけど、

何だか額が広くなった気もするからね。

だって親父が。。。

そうならないように今からケアをしようと決心したんだ。コチラ!